モバイルセルフオーダー連携Mr.Menu

QRコードを読込むだけで、
お客様のスマホを
店舗の注文端末にします!

QRコードを読込むだけで、
お客様のスマホを
店舗の注文端末にします!

お客様がQRコードを読込、お客様が注文、注文受付・調理開始、料理・注文伝票提供、POS連携の会計 お客様がQRコードを読込、お客様が注文、注文受付・調理開始、料理・注文伝票提供、POS連携の会計

poscubeと
モバイルセルフオーダーの
連携で実現する
3つのメリット

メリット 01

端末購入不要で
初期コストDOWN

端末お客様がお持ちのスマートフォンを利用するため店舗の専用端末の用意と管理が不要です。初期投資を低減してセルフオーダーシステムを導入できます。
また、専用のアプリをお客様にダウンロードしてもらう必要がなく、QRコードを読むだけでオーダーが可能です。

モバイルセルフオーダー利用例
メリット 02

接客軽減と専用端末不要で
衛生対策UP

感染症対策が求められる中、お客様自身のスマートフォンを利用することで安心してご利用いただけます。
従業員とお客様との接触機会も減らせる上に店舗端末の毎回の消毒も不要となり衛生的です。

オーダー端末消毒
メリット 03

スマホオーダーからの
注文で売上向上

お客様が好きな時に注文できるので、機会損失なく売上UPに繋げることができます。注文ができないことでの顧客満足の低下を防ぎ、リピーターの取得にもつながります。
入店時の注文はスタッフがOESで注文対応、追加注文はお客様のスマホオーダーからという併用も可能です。

モバイルセルフオーダー利用例

店舗運営をさらに向上

注文対応の削減で効率化

注文対応が減る時間を接客品質の向上などに振り分けることで店舗運営全体を効率化します。注文ミス、紙メニューの削減にもつながります。

注文対応の削減で効率化

オーダー対応分の人件費を削減

注文を取る対応を減らした分の人員が不要になり人件費、採用費を削減します。
人手不足の改善策としても有効です。

スマホオーダーによる人件費削減

多言語対応でインバウンド対応

店舗側で日本語のメニューをposcube側に用意すれば、モバイルセルフオーダーにはMr.MenuのAIアシスト機能により多言語化※されたメニューが用意されます。
※Mr.Menu提供のプランより対象言語を選択

多言語メニュー利用