はじめよう
poscubeで店舗改革

ミシュラン星レストランも採用するオペレーション

飲食向けの
革新的なPOSレジとは

従来のPOSレジとは一線を画すのが「poscube」

導入実績No.1
信頼の飲食店専用設計

あらゆるレストランに最適なPOSレジ&OESシステム

  • 導入店舗様の声 Cafe & Meal MUJI 近鉄あべのハルカス様
  • 導入店舗様の声 ダンシングクラブ様
  • 自動つり銭機との連携で現金管理を向上します
  • 軽減税率対策補助金でお得にposcubeを導入いただけます!
  • NEW Handy 正確でスピーディなオーダーにこだわった新ハンディ誕生!
  • 専用機に匹敵する印刷機能
  • 大人数のコース料理も簡単に注文できる!NEWマルチセレクト機能

選ばれてNo.1!What's poscube?

単なる従来の「POSレジ」と「オーダーエントリー」ではなく、飲食店をITを駆使して
どうサービス向上に貢献できるか、オペレーション効率を上げられるかを目的として誕生しました。
そのため今までの専用POSレジや簡易的なタブレット(iPad) POSレジとは、一線を画す飲食店のためのソリューションです。
バー、居酒屋、カフェ、ホテルレストランなど、あらゆる飲食店業態の
高度なオペレーションに完全フィットするだけでなく、店舗でのサービス向上をフルサポートします。

※当社調べ   

実用性に優れた
便利な機能

  • ハンディ
  • 予約管理システム
  • 印刷機能
  • コース注文機能
  • 英語版
  • 楽天スマートペイ
  • 連携API

POSレジとは

POSレジのPOSとは「Point of Sales」の略。
日本語に直訳すると「販売時点情報管理」です。
つまり『販売時点情報管理ができるレジ』をPOSレジと呼びます。
クラウド(インターネット上で管理)ができるものが多く、
顧客管理データの蓄積や、日々の業務改善など、
これまでのレジでは手間がかかっていた作業を簡素化し、
売り上げの貢献や時短に繋げることができます。

POSレジ

レジとPOSレジの違い

POSレジ

レジとはご存知の通り、店舗で商品やサービスの金額を計算し、
ミスのないように会計をしてくれるシステムです。昔は大型の機械でしたが、最近ではパソコンやタブレットに代用をされています。
「レジ」と「POSレジ」の違いは『販売情報を蓄積・分析できるかどうか』にあります。これらの販売情報を活用し、仕入れや新しいメニューに応用することにより、店舗の売り上げや集客を伸ばすことが出来ます。これまでは大型のチェーン店などに利用されることが多かったPOSレジですが、小型の店舗でもデータ活用の重要性が広まり、多くのお店で使われているシステムです。

POSレジを導入することにより、
下記のメリットがあります。

  • Merit1

    業務効率が上がり、
    売り上げチェック
    等の業務時間が
    短縮される。

  • Merit2

    売り上げの
    一元管理が出来る。

  • Merit3

    予約データと連動させ、
    リアルタイムで
    共有できる。

  • Merit4

    データを蓄積し、
    店舗営業に反映させる
    ことが出来る。

【1】と【2】についてまとめると時短効果があります。

これまでのレジでは営業終了後、レシートを数えるなどの作業が必要でした。この作業には時間がかかり、ミスが発生しやすい内容。POSレジを使えば注文された時点で伝票情報が自動的に生成され、クラウドに保存されます。
売り上げ金額などの合計値も自動的に計算がされる為、ミスがない正確な数値をすぐに確認することが出来ます。
これらの手作業をPOSレジに代行させることにより、オーナーや店長の業務が軽減され、本来の仕事(売り上げを伸ばす為の戦略作りや社員への教育など)に時間を使うことが出来ます。また、複数店舗を経営している場合、それぞれの店舗の売り上げデータを1つの画面で確認することが出来ます。店舗の責任者が報告用に計算をし直す必要がなく、自動生成される為、店舗責任者・オーナー共にメリットがあります。

【3】と【4】についてはデータの活用です。

顧客データを細かく集計することが可能です。例えば「いつ、何を、どのような属性の人が注文したのか」「このお客さんはどれくらいの頻度で来店しているのか、以前注文したものは何か」等です。
これらのデータを活用は売り上げ増大に繋げることができます。

  • ・この曜日には、こういう属性のお客様が多く、◯◯を注文することが多い。
  • ・この季節・天気ではこういう商品が注文される。
  • ・この条件が重なった日には売り上げが伸びるから仕入れ量を増やしておく。

自分のお店のデータを知ることにより、デッドストックの回避や広告戦略を立てることが出来ます。「根拠のない勘」ではなく「データに基づいた予測」には説得力があります。日別の売り上げデータや月別のデータ、属性別のデータを出すことにより、社内決裁を取る為の材料として使うことも出来ます。
また、顧客情報をスタッフ全員で把握できることも大きなメリットの1つです。
お客様のアレルギー情報を共有することで、ミスのない細やかなサービスをすることが出来ます。過去の注文履歴からオススメすべきメニューを把握できますし、お客様との会話の中で「私のことを覚えてくれている」と印象付けることで、お店のファンになりリピーター率を上げることもできます。

ショールームで
poscubeを体感してください!

他社のiPad POSレジにはない飲食店専用の使いやすく便利な機能は、
実際に体感していただくのが一番です。
そのすべてをショールームでお試しいただけます。