産直鮮魚と新鮮野菜の上質居酒屋を関東で7店舗展開されている株式会社洋伸様が運営する「魚一商店」

導入店舗様の声 03 株式会社洋伸 様 他のタブレットPOSを一度導入しましたが、最終的にポスキューブと出会いました。

「旨い魚とおもてなしでニッポンを元気に!!」というコンセプトで産直鮮魚と新鮮野菜の上質居酒屋を関東で7店舗展開されている株式会社洋伸様。
北は函館、南は高知・土佐清水と全国各地の漁港から取り寄せた産直鮮魚と新鮮野菜を、他店では食べることが出来ない産直ならではの鮮度とお値打ち価格で提供されています。
今回、「魚一商店 南柏総本山」様をはじめ、4店舗にポス・キューブを導入頂きました。
導入に至った経緯や、今後の活用方法について、株式会社洋伸 の又場様にお話をお伺いしました。

産直鮮魚と新鮮野菜の上質居酒屋を関東で7店舗展開されている株式会社洋伸様 又場様

以前お使いのシステムから切替を検討された理由は?

長らく千葉5店舗にメーカーTのPOSシステムを使用しておりましたが、保守サポートが切れてしまったこと、同じメーカーのPOSレジとオーダーリングシステムを新たに導入するとかなり高額になってしまうことから新しいPOSレジとオーダーエントリーを探していました。
一度四谷店で、他社のタブレットPOS & オーダーエントリーを導入したのですが結果的にうまく機能せず。
その後、購入したiPadやiPod Touch、プリンタをそのまま活用でき、かつ飲食店で一番使われているタブレットPOSとして名高い「ポス・キューブ」を導入することに決定しました。

魚一商店 四ッ谷店様 2階建構造ですが、ハンディ仕様のposcubeの導入で2階からでも素早くオーダーをキッチンに伝えることが出来ます。

他社のPOSと比べposcubeのどんな点を評価していますか?

圧倒的なコストの安さです。
実際、メーカーTの専用POSレジとオーダーエントリーの導入コストと比べると、約70%のコストカットを実現できました。
ハンディ端末が壊れたとしても従来のものでは、修理不能で買い替えると十数万円の費用がかかりますが、ポス・キューブは2万円くらいのiPod Touchの端末代だけですみますのでとても経済的です。
また商品の入れ替りが多い「本日のおすすめ」を主力商品として扱っておりますので、商品マスターの変更/追加が直ぐに出来る点は大変助かっています。
さらにソフトのアップデートで製品が進化していくことが魅力です。
フリー単価などの便利な機能が次々と追加されていますので、その点も評価しています。

取材協力
株式会社洋伸 様

  • 導入店舗様の声01
  • 導入店舗様の声04