軽減税率対応 設定手順

10月1日に開始する複数税率導入の
事前対応手順を説明します

1. 軽減税率に対応するための準備

1-1. 現在のposcube対応バージョンの確認

事前に複数税率対応版にアップグレードしている必要があります。
アップグレード有無の確認はposcubeメニュー画面にてご確認いただけます。

1-2. 「税」の設定について

現在、税がどのように設定されているか、もしくは2019年10月以降でどのような税の設定にするかで準備作業に違いがあります。
(2019年10月以降利用を考えている税設定になります。)

①税の適用対象が商品の場合(内税と外税の両方)
準備手順は 2.適用対象が商品の内税・外税の場合の準備 をご確認ください。

②その他の場合
もし10%税と8%税の混合にする場合は、恐れ入りますが適用対象が商品である必要がありますのでご了承下さい。

2. 適用対象が商品の内税・外税の場合の準備

2−1.事前対応標準税率(消費税10%)、軽減税率(消費税8%)の設定を用意します

現在利用の[標準税率]に適用開始が2019-10-01 00:00の消費税10%を登録します。

[軽減税率]に適用開始日時が2019-10-01 00:00のテイクアウト用の消費税8%を登録します。

2−2.事前作業価格一括変更の予定価格に変更後の価格を登録

内税の場合は税率変更後の価格を予定価格に登録してください。

2−3.事前作業現在登録されているテイクアウト商品の税を軽減税率用の税へ切り替え、
もしくは開始日2019-10-01で新規作成(テイクアウト商品使用店舗のみ)

テイクアウト商品の税を軽減税率用の税へ切り替えます。
[軽減税率]消費税8%を適用開始日時は2019-10-01 00:00で新規作成します。

2−4.2019年10月1日営業開始前の作業 価格一括変更の適用するボタンを押す

2−5.2019年10月1日営業開始前の作業 設定変更を確認する

poscubeをトレーニングモードにて注文、レシート印刷を必ず確認してください。
※確認後はトレーニングモードを必ずOffにしてください。

handyをご利用の場合はご利用前にデータ更新を必ず実施してください。

注意事項

上記は標準設定での手順になります。
ご利用いただいているposcubeの設定によっては手順が異なる場合がございます。
不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5357-7870
受付時間:平日10:00~18:00