株式会社龍名館様 の運営する「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」様ではハンディ仕様でposcubeを導入頂いています。

導入店舗様の声 01 GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU 様 混雑時に力を発揮する柔軟性が魅力です。

東京・御茶ノ水の創業116年の老舗旅館「旅館龍名館本店」が2014年8月新たにスモールラグジュアリーホテル「ホテル龍名館お茶の水本店」としてリニューアルオープン。
お茶の水の地名にちなみ、ホテル1階には『日本茶を「淹れる」「食す」』をコンセプトにしたレストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」が誕生しました。

店内にはお茶を淹れる専属スタッフ「茶バリエ」が常駐し、温度・淹れ方にこだわったお茶を提供しています。また、お茶を練り込んだポテトサラダや、抹茶入みそステーキ、抹茶カクテルなど茶葉を使ったユニークな料理を味わうことができます。

今回、ホテルレストランで使用するOES&POSとしてposcubeを導入頂きました。
導入に至った経緯について株式会社龍名館 宮地様にお話をお伺いしました。

poscubeの導入について株式会社龍名館 宮地様にお話を伺いました。

導入を検討したきっかけは?

新しくレストランをオープンするにあたって従来のPOSではアナログすぎるとの危惧があったのが導入を検討したきっかけでした。
従来のPOSシステムですと売上データの集計が大変で、ジャーナルをレシート出力しなければならなかったり、CSVに対応していなかったので統計がとりづらいという問題点がありました。
そこで、統計がとりやすく、かつ場所をとらないスタイリッシュなPOSを探し他社も含めいくつか検討し、最終的にposcubeにたどり着きました。

iPadの注文画面へ商品画像を入れることができ操作しやすいUIが魅力

導入前に不安だったことはありますか?

タブレットPOSってどこまでできるんだろうと思っていましたが、実際に使ってみてメニューに画像が入れられたり,統計が簡単に取れたり,キッチン伝票が出し分けできるなど機能には総じて満足していますね。
また、スタッフも常日頃スマートフォンを利用している割合が高いので比較的抵抗なくシステムを使っています。

iPadのみをカウンターに設置することですっきりとしたレジ周りを実現。楽天スマートペイとの連携機能もご活用頂いています。

楽天スマートペイとの併用はいかがですか?

ポス・キューブと会計金額表示が連動しているので金額間違いが非常に少なくなりました。
また、控え等の書面も電子化されているので、伝票の渡し間違いなどの心配も無くストレスフリーですね。

テーブルでの後会計もスムーズに実現

poscubeの良い点はなんでしょうか?

poscubeはオーダー端末やレジ用端末を簡単に増設することができるため、会計が混雑している時等には必要に応じてオーダー用のiPadや自分のPCをレジ替わりにしてしまうこともあります。 このような柔軟性のあるシステムは非常時使い勝手が良いです。
また、イニシャルコストが抑えられるので特に新規でお店をオープンされる方にはお勧めできると思います。
そして、統計がとりやすいのも魅力ですね。商品コードを設定することで、CSVの分析が格段に楽になりました。 厨房の方々にすぐ売上の現状等を伝えられ、売上の少ない商品への対策が打てるようになり助かっています。
オフィスにいながら売上の確認ができるのも重宝しています。

取材協力
株式会社龍名館 様

  • 導入店舗様の声09
  • 導入店舗様の声03